MEDICAL

診療について

初めて来院される方へ

初診時に必要なもの

健康保険証

診療保険機関により月初めに保険証の確認が義務づけられております。

保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱うことができません。また、保険証のコピーもお取り扱いしていません。 この場合、自費診療扱いとなりますが、指定期日内に保険証をお持ちいただければ返金いたします。

お持ちの方のみご持参ください。
  • 紹介状
  • お薬手帳(お持ちでない方は現在、服用中のお薬をご持参ください)
  • 医療費助成を受けられる方・・・医療券や受給者証
  • 健康診断の二次検診希望の方・・・健康診断結果

予防接種

インフルエンザ予防接種は、毎年10月から予防接種を随時行いたいと考えております。予約制はとっておりません。予防接種希望される方は、スタッフに声をかけてください。問診表をお渡しいたします。

区健康診断

受付でご相談ください。大腸がん・前立腺癌の健診も併せて行っております。

当院は、非労災指定医療機関のため、労災対応はしておりません。

お待ち時間について

診察や処置の内容によってはお待ち時間が異なる場合がございますが、平均15分ほど見ていただければ幸いでございます。
混雑時はお待ち時間が長く、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

診断書・証明書の発行

診断書申請方法

受付にて、診断書・証明書等申込書に必要事項を記入してをお願いします。

保険会社の所定の様式も病院の様式も、まず受付にて申請をお願いします。

診断書・証明書の料金(税別)

  • 病院専用診断書(病名)
    2,000円
  • 登園・登校許可証
    500円
  • 出社許可証
    1,000円

健康診断書(雇用時)

  • 基本
    4,000円
  • 検尿
    500円
  • 採血
    2,000円
  • 心電図
    2,000円
  • 胸部レントゲン
    1,500円

  • おむつ使用証明書
    1,000円
  • 針・灸・マッサージの施術に関わる同意書
    1,000円
  • 死亡診断書
    5,000円
  • 死亡診断書(2通目以降)
    2,000円

作成にかかる日数

申請受付日から概ね1週間から2週間くらいかかります。余裕をもってお申込みください。

受領方法

文書が完成しましたら、申請者へ連絡いたします。

受け取りの際は、申請時にお渡しする文書申込書控を必ずお持ちください。

患者さんご本人以外がお受け取りの場合は、同意書が必要です。

文書は料金と引き換えになります。

ご不明な点がございましたら、受付までお問い合わせください。

今後のコロナについて思う事

2021年1月14日、武漢から発生した新型コロナウイルスが日本に上陸して一年になります。この間、世界中で医療従事者が新型コロナウイルス感染患者の治療にあたり、その疫学調査が行われ、ほぼウイルスの特徴が明らかになってきています(表①)。もうすぐワクチン接種も開始される予定です。その一方で政府が行ったことは、1月7日に2度目の緊急事態宣言を発出し、さらに一か月の延長をしたことです。一年経過したにも拘らず、やっていることは昨年4月と全く同じではないでしょうか。新たに行ったことといえば、荏原病院などをコロナ専門病院に指定したこと。そして、協力しない業者、患者に罰を与えること(改正新型コロナウイルス特別措置法)。それだけですね。
先月、当院のホームページで、現在の2類感染症からインフルエンザなどと同様の5類感染症に新型コロナウイルスの指定を変更することは、現在の治療体制では無理でしょうと書きました。今回は、5類感染症に指定を変更するためのフローチャートを作ってみました。自粛・自粛はそんなに続くものではないし、近所の居酒屋さんも何軒も潰れています。今必要なのは、人の動きを止めず感染も制御するための知恵を出すことでしょう。
前提として、3つ。まず、荏原病院などの新型コロナ専門病院を各都道府県に設置すること。次に、保健所でも良いのですが、軽症者の安否確認を行う新型コロナウイルス感染センター(仮称)を設置すること。感染が蔓延している現状では、予防の追跡調査は行わない。濃厚接触者の洗い出しは、できる限り民間医療機関で行う。最後に、中等症以上の患者に対してアビガンなどの治療薬を処方する権限を民間病院、診療所などに与えることです。肺炎を合併している可能性があり、自宅・ホテルなどで入院待機を強いられる場合、それを処方する権限を与えることです。
昨年のインフルエンザの感染者数は、全国で70人(2020.12.14~12.20)です。一昨年同時期の感染者数は、全国で105,221人です。東京都では、感染者数は4人(2020.12.7~12.13)です。殆どインフルエンザ感染患者は、でていません。
そこで、年齢で区分けし、下記フローチャートを作ってみました。
①まず、発熱等の症状がある場合、保健所を通さず発熱外来を実施している最寄りの医療機関や、当院の様な医療機関を受診し、トリアージの一環としてPCR検査を行う。インフルエンザの検査は行わない。
②陽性である場合、下記手順に従う。ここで症状の有無とは発熱・呼吸器症状のことです。新型コロナウイルス感染で一番怖いのは、急激に呼吸器症状が悪化することです。
❶75歳以上である場合;基礎疾患・症状のあるなしに拘わらず、コロナ専門病院もしくはコロナ病床を有する民間病院に優先的に入院する。
❷40~74歳;基礎疾患・症状がある場合、専門病院等に入院する。基礎疾患・症状が無い場合、新型コロナウイルス感染センター(仮称)へ登録し、安否確認を行いながら自宅待機10日間とする。症状出現時はセンターを通して入院とする。
❸40歳未満の場合;基礎疾患・症状がある場合、専門病院を紹介。症状が無い場合、センターに登録し、自宅待機10日間とする。10日を経過した場合、出勤・登校に関しては企業・学校等の就業・就学規則に則る。
様々なケースがありご批判も多々あるとは思いますが、超簡素化してみました。現在の医療体制では、新型コロナウイルスを2類から5類に変更することは困難であると言っているだけでは何年経っても現状は同じです。今日本を覆っている閉塞感から抜け出すことはできません。5類にするにはどう体制を作っていくのか、私なりの今時点での考えです。
例年であれば、インフルエンザが流行し感染対策を行っても毎年インフルエンザに罹患している私です。開業医の先生は、私も含め高齢です。感染したら命はもとより風評被害などで閉院を余儀なくされる可能性もあります。でも、この一年間皆が頑張っているように、医療機関が踏ん張らなければなりません。今が踏ん張り時です。
ワクチンの接種も、もうすぐ開始されます。ワクチンの効果が出れば、もう少し状況は改善するはずです。もう少しです。「先生、感染しないでね」と患者さんから声をかけられます。ありがたいことです。みしま内科も皆様のお役に立てるようスタッフ一同頑張ります。
2021.2 みしま内科 三嶋 晃

添付・・表①コロナウイルスについて

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウイルスに始まり、終わった一年でした。東京都では、一日2000人台の感染例があり、緊急事態宣言も発出され、その終息出口は未だ見えません。中国武漢から始まった新型コロナウイルス感染症。ワクチン接種は海外で開始されていますが、今年もまだまだコロナ禍は、続きそうです。
さて、感染爆発と医療崩壊がマスコミで報道されております。そもそもこれは、一年前から予想されていたことです。昨年5月に当院のホームページで新型コロナウイルス感染症に対する対応を考察しておりました。抜粋します。

「今後、新型コロナ感染症患者は、結核患者と同様の対応をとるのが得策と考えます。まず、コロナ専門基幹病院を各都道府県に設置し、専門の医師を配置する。現在の結核対応病院をコロナ基幹病院とするのもいいかもしれませんね。新型コロナPCR検査は、今は専門の病院で行っていますが、今後は診療所でも検査できるようになれば患者の早期診断、感染拡大は結核がそうであるようにかなり抑えられると考えます。この冬に第2波が予想されますが、それまでに政府に対策を取って頂きたいものです。」2020.5みしま内科

現在の状況は、どうでしょうか?
まず、PCR検査に関して。当院では、昨年7月から唾液によるPCR検査を施行しております。他の東京都から指定を受けた内科クリニックがそうであるように陽性患者がでた場合、2類感染症に基づき保健所に届出ております。診療所でのコロナ感染診断は一年前と較べ検査体制は少し前進しております。しかし、圧倒的に検査できる診療所が足りません。一日の検査数が増えると品川区保健所での対応ができず、当院への依頼件数も増えているのが現状です。
次に受け入れ態勢です。ようやく東京都は都立広尾病院、荏原病院、豊島病院をコロナ専門病院としました。しかし、一年前に予想できたことを考えるとあまりにも対応が遅すぎます。中等症と考えられる患者も自宅での待機を余儀なくされており、入院待機人数は東京都で7000人を超えております。これまでは中等症から重症になると民間の総合病院のベッドを確保し、その治療にあたっていました。しかし、これほどまでにPCR陽性患者が増えると今まで通りの対応では無理があります。院内感染のリスク、スタッフの確保、他疾患の治療、風評被害、民間病院の経営等の問題から受け入れには限界があります。未だに各都道府県にはコロナ専門病院が殆ど設置されておらず、中等症・重症患者の行き場がありません。今後、自宅待機中亡くなる患者は増加すると予想します。第3波が終息し患者が減ったとしても新たな基幹病院を開設していく必要はあると考えます。
最後に今後の対応についてです。現在新型コロナ感染症を2類から5類に変更することが言われております。新型コロナ感染症をインフルエンザ並みの感染症に位置づけ対応に当たることを意味しております。しかし、5類感染症となった場合、民間病院・診療所が今まで保健所が行っていた業務を引き継がなければなりません。発熱外来の設置、陽性患者のトリアージと自宅待機患者の安否確認を毎日行うなど、これら全てを民間病院・診療所が行わなければならなくなります。軽症から中等症、または中等症から重症に移行した場合の病院受け入れ先の調整も行わなければならない。診療所が行うには負担が重すぎます。今後、患者の流れを調整することだけに特化した新たな機関が必要です。感染経路の調査、濃厚接触者の洗い出しは、感染が蔓延している現在は意味をなしません。陽性患者の報告を医療機関から受けたら、その患者の安否確認と入院の振り分けを行う機関が必要です。また、中等症以上の患者に対して治療薬の一つであるアビガンの処方を民間病院・診療所で処方できる権限を与える必要があります。これらの体制を整備してからの感染症5類への移行でしょう。
昨年7月から当院で唾液によるPCR検査を行うこととしました。当時、院内感染のリスク・風評被害の恐れがあり、悩みに悩んだ末の決断でした。この間、緊張のなかスタッフ一同感染対策を徹底して診療にあたっております。今後もかかりつけ病院として近隣の患者さんのお役に立てる医療を提供していきたいと考えています。

2021.1 みしま内科 院長 三嶋 晃

インフルエンザの予防接種とPCR検査について

【重要なお知らせ】
(1)10月1日からインフルエンザの予防接種開始です。予約が必要です。かかりつけの患者優先です。65歳以上であれば今年は無料です。昨年は、2500円でした。
(2)当院では7月下旬から唾液によるPCR検査を行っております。今まで発熱した場合、濃厚接触者の場合保健所に問い合わせし、品川区であれば保健所のPCRセンター等で検査をしておりました。10月からこの流れが変わります。まずかかりつけ医に連絡し、かかりつけ医が新型コロナPCR検査を必要と判断した場合、保健所等でPCR検査を行うこととなります。当院では、唾液によるPCR検査を行っているため、かかりつけの患者は直接当院にご相談ください。
(3)近隣の開業医の先生方へ PCRの依頼がございましたら時間の許す限り受け付けます。但し学童期以上の患者とします。荏原医師会作成「新型コロナウイルス唾液PCR検査 問診兼診療情報提供書」を当院にFaxしてください。PCRの結果は2日後に出ます。医師会を通して結果報告いたします。

2020.10
みしま内科 三嶋 晃

当医院のコロナ感染症対策について③

中国武漢から発生した日本における新型コロナウイルス感染患者数は、緊急事態宣言発令後、著しく減っております。前回、このホームページを更新した時には、一日の東京都での発症者数は200人を超えていました。しかし、最近は10人程度に抑えられています。ゴールデンウイークには何処も行かず、みんな良く頑張りました。家族旅行も取りやめ、じっと家で過ごしていました。みなさんも恐らく同じ様な休日ではなかったかと思います。他国では、法律により行動を制限され新型コロナの封じ込めを行っています。我が国は、首都封鎖することなく感染患者を減らした国民の民度の高さに改めて驚くばかりです。
さて、今後新型コロナ感染にどう対応していくのか?私なりに考察してみました。
みなさんに馴染みのある疾患で結核という病気があります。
結核の症状は、発熱、咳嗽、喀痰等々です。診断は、胸部レントゲンと喀痰による結核菌の同定とPCR検査です。喀痰検査でガフキー○号と判定され結核を疑った場合、PCR検査を追加で行います。陽性であれば結核治療専門病院へ紹介、入院加療となります。結核は新型コロナと違い空気感染ですので、治療はまず隔離をし抗生剤の投与を行います。保健所に連絡し感染経路を追跡調査し、濃厚接触者がいれば胸部レントゲン等を取ります。必要であれば痰の培養も行います。全国には約50施設の陰圧室を備えた結核指定病院があります。
新型コロナと結核感染症との類似点は、色々あります。肺炎になりやすいのもそうですが、PCR検査や保健所が感染経路を特定するところとか、隔離もそうですね。違っている点は、新型コロナにはまだワクチンが無いところ、結核と違ってRFP/INH/EBなどの特効薬が無いところなどです。
今後、新型コロナ感染症患者は、結核患者と同様の対応をとるのが得策と考えます。まず、コロナ専門基幹病院を各都道府県に設置し、専門の医師を配置する。現在の結核対応病院をコロナ基幹病院とするのもいいかもしれませんね。新型コロナPCR検査は、今は専門の病院で行っていますが、今後は診療所でも検査できるようになれば患者の早期診断、感染拡大は結核がそうであるようにかなり抑えられると考えます。この冬に第2波が予想されますが、それまでに政府に対策を取って頂きたいものです。
普段、別にどこに行くわけでもないのですが、いつもは開いている店が長期間しまっていたりするとなぜか気が滅入ってしまいます。新型コロナとうい見えない鉄格子で社会と人とひととの関係を分断している気がします。感染を気にすることなく話ができ、人と接することができる。そんな当たり前の日常の生活に一日でも早く戻れるようにしたいものですね。最大の敵は気の緩みなんでしょうが、我慢の限界というのはありますからね。本当に厄介なウイルスです。が、なんとかこの国難を皆さんと供に切り抜けましょう。
2020.5 
みしま内科 三嶋 晃

当医院のコロナ感染症対策について②

中国武漢から始まった新型コロナウイルス感染症が東京で蔓延しております。
4月上旬、東京都で一日に確認された患者数は100人近くでした。品川区の累積発生患者数は24人でした。しかし、2週間経過した現在、都内で200人近くの感染者が確認され品川区の累積患者数は4/11の時点で84人です。医療崩壊がいつ起きても不思議ではない切迫した状態です。当院近くの大学病院でも4/6から発熱外来、発熱救急外来の受け入れをストップしております。
さて、4月に入り新型コロナウイルスPCR検査の手順が変更になったのはご存知でしょうか?感染を疑う患者が来院された場合、今までは当院のようなクリニックから保健所を通して特定医療機関・感染症指定病院に紹介し、そこでPCR検査が必要であれば検査を実施して頂くこととなっておりました。しかし、3/24付東京都医師会通達では、かかりつけ医の機能を果たすことが必要であることを謳っております。かかりつけ医を受診された患者がコロナ感染ではないかと、かかりつけ医が疑った場合、直接特定医療機関に紹介し、PCR検査をすることができるようになりました。今まで保健所を介しての感染症指定病院受診でした。今後は保健所を経由せずに直接適切な医療機関での検査が可能となります。しかし、PCR検査を直接診療所でオーダーできるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
当院でのコロナ感染疑い患者の診療手順は、まず問診をしてからレントゲン・院内採血をして頂くこととしております。コロナ感染を疑う場合は、荏原病院・東京品川病院を紹介させて頂いております。特に品川病院はパンク状態であるとの情報を得ているにも拘わらず積極的に患者の受け入れをして頂いており大変感謝しております。
迫りつつある医療崩壊。医療崩壊とは、限りのある医療器具などの医療資源・資材を誰に提供するのか、その選択を現場の医師に嫌でも迫ります。心筋梗塞や消化管出血、脳出血、骨折、悪性腫瘍などで治療をすれば助かる患者も助けることができなくなる事態が来ます。医師になってから患者を助けることしかトレーニングを受けたことの無い医師の精神的ダメージは想像を遥かに超えたものがあるはずです。コロナの患者で病院が溢れかえり入院さえ治療さえできない状態。同じ医療現場の同僚が感染しバタバタと倒れてしまう状態。今回の新型コロナパンデミックは、まさに今まで経験したことのない危機です。前例に則った平時の指導者ではなく、有事の指導者が必要なのかもしれません。
いま私たちにできるのは、三密を避けること。マスク・手洗いをすること位です。小さなことのようですが、マスクの影響か年明けのインフルエンザ患者の数は激減しました。決して小さいことではありません。大切な家族や大切な人を守るためにも今一度原則に立ち返ることが必要です。みなさん、この国難を生きぬいて乗り切りましょう。
2020.4 
みしま内科 三嶋 晃

当医院のコロナ感染症対策について①

中国武漢から始まった新型コロナウイルス感染症が世界中で蔓延しております。
新型コロナ感染症受診・相談の目安として
(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合
(2)強いだるさや息苦しさがある場合
(3)高齢者・糖尿病・心不全・呼吸器疾患・人工透析をうけている、免疫抑制剤や抗がん剤治療を受けておられる患者さんは発熱が2日程度続く場合
都道府県の帰国者・接触者相談センターにご本人かご家族が直接連絡することになっています。各区役所に設けられている相談センターで対応され、新型コロナを強く疑う場合を除き近隣の診療所での診察に誘導されます。
さて、保健所から誘導された患者さんが当院受診された場合です。
当院では、濃厚接触を避けるため、マスク(N・95)、ガウン、ゴーグル、手袋をし患者さんの診察・検査を行っております。また、スタッフから患者さんへの感染を防ぐため、毎日スタッフの体温測定を行っております。資源が少ないのですが、アルコール・次亜塩素酸水でドアの手摺等を消毒しており、いつでもコロナに感染された患者さんが来院されても安全な体制をとっております。
発熱の患者さんは、他の患者さんとは違う部屋に誘導し、渡航歴・濃厚接触者であるかどうかの問診を行い、検温・SpO2測定等を行い、胸部レントゲンを撮り院内採血を行います。院内採血は、5分で結果が出ます。
ウイルス性肺炎特有のすりガラス陰影を認めた場合、また採血にてウイルス感染を疑う場合保健所に当院から電話連絡をします。保健所はその後、適切な医療機関を紹介してくれます。近隣では昭和大学、荏原病院、品川病院、NTT関東病院に紹介されます。その後、診断のため新型コロナPCR検査がされるかどうかは、紹介先担当医の判断にゆだねられます。以上の流れで診療が進みます。
現在の東京都の新型コロナ新規発生数をみると、今後相当数のコロナ感染者が出ると考えられます。当院外来では高齢者が多く細心の注意を払い診療に当たっております。まず院内から感染者を出さないこと。これを第一に診療を行っております。未だ終息の出口が見えない感染症との闘いです。家族も含め大切な人を守るため、帰ったら毎日手洗いをし、うがいをする。今の時期だけは人混みは避ける。簡単なことですが、このような原則を守ることが感染を広げないことにつながるのかもしれません。みしま内科も尽力したいと考えております。
2020.3
みしま内科 三嶋 晃

訪問診療・往診について

研修医の時代から訪問診療、往診をしておりました。長崎の長い階段や坂道を夏は、汗をかきながら指導医の後について癌患者宅まで点滴をしに行っていました。その時の恩師は、今、世知原という小さな町で診療されており、訪問診療もされていると聞いております。徳之島で往診をしたときは、ご夫婦二人とも100歳を超えていて、自宅を訪問した時には留守中。どこにいるのかと自宅の周りを探していたら二人とも裏の畑で仕事に精を出されておられました。帰りの車の中でスタッフと「訪問診療必要なのかな?」と笑いながら病院まで戻りました。その後、病院を移った先々で、川崎・町田で訪問診療をしておりました。川崎では、「すいませんが、土足であがってもいいですか?」と断ってお邪魔するお家もありました。一人暮らしの高齢者を訪問したときは、何度もチャイムを鳴らしても応答がなく、ドキッとしたこともあります。
さて、昨年当院を開院し、今年からまた訪問診療を始めました。自宅の中には家族や思い出が一杯飾ってあり、詰まっております。病院ではなく自宅での診療が根っから好きな性格なんでしょね。小さい頃、もうかなり前に無医村になった田舎では往診してくれる先生がいました。自宅で出産し、看取るそれが普通だった村です。冬の雪が積もった日、自宅の前で意識をなくして倒れた近所のおじいちゃんを運び、往診の先生が来てくれたのを覚えております。子供ながら、診療所の先生は、急な呼び出しでも来てくれるんだと感心しておりました。
色々な事情で、当院受診できず訪問診療を希望される方がおられれば気軽に声をかけてください。急に状態が悪くなって、病院に来られない方でも構いません。みしま内科をかかりつけの病院としてお使いください。